プレミアムレジデンス日暮里雅苑

プレミアムレジデンス日暮里雅苑

資料請求

来場予約

FACADE

空に伸びる美しい
ガラスラインと、
異素材が織りなす
外観デザイン。

尾久橋通りから一歩入ったエリアの、2方向が道路に面した開放感のある整形な土地。
縦に伸びるガラスラインは、広い空と融合し交差点の象徴となります。また横のラインは、異素材の組み合わせにより、賑わいと静寂、下町と先進、個性と保守など、対比するものが折重なり融合する日暮里を表現しています。

DESIGNER

株式会社IAO竹田設計

弊社の社名にあるIAOは、I:国際性(Internationality) A:環境との調和(Accordance) O:独創性(Originality)を表しています。1976年の創業時からこの3つのテーマとして設計活動を行ってきました。変化の激しい時代の中でも広い視野を常に心がけながら、環境や人にやさしく、独創性に富んだ建築作品を提供することで、社会や文化の発展に寄与していきたいと考えて設計を行っています。
東京第四事務所 副所長 河野剛陽
エントランス完成予想CG

ENTRANCE

迎賓の思想を丹念に込めた、エントランス。

山手線最寄りという都心にふさわしいプライベート空間を目指し、安らぎを演出する植栽を前面に配し、敷地から奥まった位置に設えたエントランス。邸宅感あふれる重厚感を目指したタイルと都市的なアルミの組み合わせにより、都市との緩やかな境界であるとともに、誇りを感る空間に仕立てました。
エントランスホール完成予想CG

ENTRANCE HALL

都市時間から自分時間へ。
心を解く演出のエントランスホール。

日暮里を象徴する繊維街。そこには職人がこだわった生地が豊富にあります。その糸を紡ぎ、折り重ねた美しい綾をデザインのモチーフに、壁面にはやわらかに光が洩れる空間をつくりだす光壁を設えました。パブリックからプライベートへ移る時間がここにあります。

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を描き起こしたもので、形状・色等は実際と異なります。外観・内観形状の細部・設備機器等は表現しておりません。なお、植栽は特定の季節の状況を示すものではなく、ご入居時の状態を想定して描かれたものではございません。※タイルや各種素材については質感・色味等の見え方が印刷上実際と異なる場合があります。また、一部変更となる場合があります。

Copyright(c)San Shin Jyuken ltd. All Rights Reserved.